西都の家基礎工事その②

みなさまこんにちは😊

前回は “捨てコン”までの作業をご紹介しました!

今日は一気に基礎の完成までを載せていきます🏠


・配筋工事












配筋は基礎の寿命や強度に直接影響があるとても大事な工程

捨てコンクリートに基礎作成の基準線を引き、鉄筋を組み立てていく。

この鉄筋が床下と、建物を支える壁が立ち上がる部分の基礎となります。


・コンクリートを流す












はじめにコンクリートを流してして固めるために、型枠組を行う。

型枠を組み終えたらコンクリートを流す前に建物の構造材と基礎をつなぐ

金属製の部材“アンカーボルト“を設置。

その後、型枠の中にコンクリートを流す。“コンクリート打設“と言います。

枠を外すまで一定の日数を置きます。


・脱枠作業~仕上げ












一定の日数を置いたら型枠を外していく。これを“脱型“と言います。

コンクリートやボルトに不良が生じていないかを

入念に確認して、基礎工事が完了となります!


お天気にも恵まれて無事基礎工事が完了しました☼

ご協力頂いた皆様、暑い中本当にありがとうございました!

次回の更新もお楽しみに☺


閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示