西都の家丁張り

みなさまこんにちは☺

今日は西都の家の丁張りが行われましたので

その様子をお届けします🏠

前の丁張りの記事でもお伝えしましたが・・・


丁張り(ちょうはり)とは 工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業のことで、

別名、水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)とも言います。











丁張りは まず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め











約1.8m間隔に水杭(ミズグイ)を立て、 水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。 水杭と水貫が動かないように、 筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。

更に水貫と水貫の間に水糸を張って、 基礎(建物)の中心線を印します。 レーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出しますが、 レーザーが普及していない頃は、 原始的な方法で正確な直角や水平を出していました。












怪我なく無事に終了しました!

また随時更新していきます。


閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示