丁張り出し


 

丁張りとは

工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業のことで、

別名、水盛り・遣り方とも言うそうです。


丁張りはまず、基準となる地面の高さを決め、約1.8m間隔に水杭を立て、水平ライン基礎の上端の高さを記し水貫でつないでいきます。

水杭と水貫が動かないように、筋交い貫を斜めに打ち付けて固定します。更に水貫と水貫の間に水糸を張って、基礎(建物)の中心線を印します。


丁張りはレーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出しますが、レーザーが普及していない頃は、原始的な方法で正確な直角や水平を出していたそう。


 


作業の様子。

広報は通常なら付いていくのですが、諸事情により同行不可となりましてので、事務所でお留守番。

タイムプラスでの映像?画像?を頂きました。


タイムプラスをご覧になりたい方は下記をご覧ください。

YouTubeに動画をアップしましたので

お時間ある方は、ご覧くださいね~



 



それでは、広報でした~~~!





閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示